愛媛を歩こう!国民平和大行進

核兵器のない世界をめざして、一歩でも二歩でもご一緒に歩きましょう!

『8/6~9平和の波』行動 愛媛のとりくみ

原水禁世界大会オンライン、署名、千羽鶴を海外へ送るつどいも
8月6~9日(木金土日)
平和の波行動 愛媛のとりくみ

 

8月2日から原水爆禁止世界大会のzoomでの参加・視聴など、愛媛ではこんな行動が計画されています。

 

f:id:heiwakoushin:20200622143807p:plain

f:id:heiwakoushin:20200731180519j:plain

8/6-9愛媛「平和の波」行動

 

f:id:heiwakoushin:20200707174819j:plain

8/2~6、9 原水爆禁止世界大会 視聴

 

8月6日(木)8:15 黙とう

  それぞれの場所からの黙とうで「平和の波」スタート

8月6日(木)10:00~12:30

原水爆禁止世界大会 広島デー大会(オンライン)』

  被爆者の証言、セッション1(核兵器のない世界への共同)、セッショ

  ン2(日本と世界、草の根の運動の交流)、文化プログラムなど

8月7日(金)9:30~12:00 愛媛県教育会館1階会議室

千羽鶴を海外に送るつどい』

 千羽鶴の箱詰め作業、被爆証言、取り組み交流を行います。

8月8日(土)11:00~12:00 松山市駅前

『「ヒバクシャ国際署名」街頭署名・大宣伝』

8月9日(日)10:00~12:30

原水爆禁止世界大会 長崎デー大会(オンライン)』

  被爆者の証言、セッション1(核兵器のない世界への共同)、セッショ

  ン2(日本と世界、草の根の運動の交流)、文化プログラムなど

8月9日(日)11:02 黙とう

7/19原水爆禁止四国大会inオンライン 開催

今年の原水禁四国大会はオンラインで開催!
7月19日(日)
原水爆禁止四国大会in徳島 オンライン開催

 

2020年、被爆75年の節目の年!

今年の世界大会、四国大会は、「生きているうちに核兵器のない世界の実現を」という被爆者の願いをかなえるうえで、これまでにもまして大きな意義をもっています。

f:id:heiwakoushin:20200707174720j:plain

第66回原水禁四国大会オンライン


形式:Zoomミーティング50人限定+YouTubeライブ配信

チャットで、意見や感想、質問などをリアルタイムで書き込んで下さい。

 

2020年7月19日(日)13:00~15:00 

【19日】タイムテーブル案

13:00 開会

    各県取り組み報告と提案 / 質疑・討論

14:00 記念講演   質疑・討論

14:55 来年開催県香川より 閉会挨拶

15:00 終了

 

YouTube チャンネル「考えよう核兵器・地球・私たちの未来」でライブ配信https://www.youtube.com/channel/UC5X4P01LBk1n_8QciFcOA6g

⇒⇒

f:id:heiwakoushin:20200622112957p:plain

youtubeチャンネル「考えよう核兵器・地球・私たちの未来」

参加集約1次〆切 7/4

こちらのQRコードから、参加申し込みをして下さい。

⇒⇒

f:id:heiwakoushin:20200622113056p:plain

原水禁四国大会 参加QRコード

 

【記念講演 メインスピーカー】 ※日本語で話します

   北東アジアの平和構築と日本の運動への期待

   コロナ後の世界とアジアの展望(仮)

 イ・ジュンキュ 氏 (予定) 

 (韓国・韓神大学統一平和政策研究院先任研究員)

【ゲストスピーカー】 

 土田弥生さん(日本原水協 国際部長・愛媛出身)

 

※愛媛自治労連会館3階、愛媛生協病院2階B棟会議室、新居浜協立病院2階会議室で

 発言可能な環境で参加することができます。

 

主催 原水爆禁止四国ブロック協議会

愛媛の連絡先 原水爆禁止愛媛協議会(愛媛原水協

       愛媛県松山市来住町1091-1  TEL 089-990-8677

 

 

 

6/7高知県境で引き継ぎ式

愛媛コース終了。高知へ平和行進のバトンを引き継ぎ
6月7日(日)
高知県境で引き継ぎ式

 6月7日、愛媛と高知県境で、高知へとバトンを引継ぎました。歩く行進は実施せず、簡易な引き継ぎ式を実施し、横断幕などを引き継ぎました。

f:id:heiwakoushin:20200608103441j:plain

愛媛・高知県境にて集合写真

 愛媛県愛南町高知県宿毛市の県境に集まった愛媛と高知の行進者は、23人。
 
 愛媛の代表参加者から、愛媛行進の状況などに触れてあいさつ。高知からは今城宿毛市議があいさつされ、「米軍機の低空飛行」についても触れられました。愛媛実行委員会作成の平和行進パンフも渡し、行進グッズを無事に高知へ引き継ぐことができました。
 

f:id:heiwakoushin:20200608103347j:plain

愛媛・高知県境にて

 横断幕などの引き継ぎのあと、記念撮影を行い、引き継ぎ式を終えました。
 
 6/7から高知県の行進がスタート、6/28徳島県へ引き継ぎ、7/12香川県で四国コースは終結となります。

f:id:heiwakoushin:20200608103303j:plain

高知の平和行進宣伝カー
 今後のスケジュールでは、7/19(日)に「第66回原水爆禁止四国大会in徳島」をオンラインで開催。
 
 愛媛では、8/6(木)9:30に愛媛教育会館にて「‟平和の使者”千羽鶴を海外へ送るつどい」を開催します。

6/6松山市で「核兵器廃絶署名宣伝」実施

愛媛コース終了。高知へ平和行進のバトンを引き継ぎ
6月6日(土)
松山市で「ヒバクシャ国際署名」集める宣伝行動

 

 6/6、松山市の大街道と銀天街の間にあるたぬき前で、核兵器廃絶署名宣伝を行いました。

f:id:heiwakoushin:20200608111149j:plain

松山市での署名行動

 毎月行われている「6・9行動」に合わせて、実行委員会が実施しました。

 

 被爆者の方が元気なうちに、核兵器のない世界の実現をめざして。

f:id:heiwakoushin:20200608111146j:plain

道行く人に署名をよびかけ

 動画は、胎内被爆者である松浦さんの訴えです。

 

6/5愛南町、宇和島市で要請

新型コロナ対応で多忙な中、原爆パネル展の開催など要請
6月5日(金)
 
 6/5、愛南町宇和島市で要請を行いました。各市町での要請は代表者による少人数・短時間としています。 


 愛南町では、清水雅文町長に対応いただきました。
 実行委員会から平和行政の推進など要請の主旨説明を行いました。

f:id:heiwakoushin:20200605235621j:plain

愛南町で要請
 愛南町長から「核兵器廃絶については、平和を願うという点で国民で一致できると思う」「原発については反対、早期に体に影響のないエネルギーに切り替えるべき」「世界をリードする大国に小国の声がかき消されている。世界が平和に向かうよう大国が力を尽くすべき」「戦争で核兵器を使ったら終わり。今は自分の国のことだけでなく、平和を考えないといけないが、アメリカも中国も平和について考えていない」「例年長崎への修学旅行を行っているが、今年はできるかわからない」「愛南町への米軍機の飛来はない」となどのコメントがありました。
 参加者から「8月に平和の懸垂幕の掲示を」「原爆パネル展を今年は難しいかもしれないが、機会を見て実施を」など要望。

f:id:heiwakoushin:20200605235804j:plain

愛南町長に対応いただきました
 そのほか、要請の前文の「地球温暖化」問題にも触れ、「海の温度も2℃くらい上がっているのではないか。昨年アコヤガイが大量死した。今年はうまくいくと思う。25年前のアコヤガイの斃死があり、真珠の改良もしたが、国産愛媛産の真珠でないといい色が出ない」などの話も聞くことができました。
 
 平和行進ペナント・募金にもご協力いただき、副議長からのヒバクシャ国際署名を預かりました。
 
 

 宇和島市では、総務部長、議会事務局長さん2人に対応いただきました。実行委員会から平和行進の歴史、被爆75年となること、核兵器禁止条約などについて情勢の説明と、要請主旨の説明を行いました。

f:id:heiwakoushin:20200605230823j:plain

宇和島市で要請
 宇和島市から「米軍機の低空飛行は三間に住んでいるが、夜に爆音で飛行し、機体の腹が見えるような状況があった。住民からも何とかしてほしいとか、県にも伝えてくれということも言われることがある」「低空飛行が確認されれば、県にも連絡している」「今年は修学旅行の計画はいまのところ未定」などコメントがありました。
 
 参加者から「ヒバクシャ国際署名を職員にもまわしてもらってとりくんでもらった。また署名への協力をお願いしたい」との要望に、「検討したい」と回答がありました。
 そのほか、「原爆パネル展なども状況が落ち着いたら実施の検討を」との要望に「今、市役所が耐震工事で建て替え中でもあり、また新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を実施し、さらに特別定額給付金や新型コロナにかかわる補助制度でロビーも埋まっていてスペースがない」などの状況もうかがいました。
 

f:id:heiwakoushin:20200605230826j:plain

宇和島市でペナントを書いてもらう
 宇和島市として平和行進ペナント・募金にもご協力いただきました。
 

6/4松野町、鬼北町で要請

各町で町長に対応いただき 率直な意見伺う
6月4日(木)
松野町、鬼北町で要請
 
 6/4、松野町、鬼北町で要請を行いました。各市町での要請は代表者による少人数・短時間としています。 

f:id:heiwakoushin:20200605101843j:plain

松野町長・町議会議長と一緒に

 松野町では、坂本浩町長・赤松紀幸町議会議長に対応いただきました。
 実行委員会から平和行政の推進など要請の主旨説明を行いました。

f:id:heiwakoushin:20200605102036j:plain

松野町長へ要請書を手渡す
 松野町から「平和教育として修学旅行(長崎)を行っている」「各意見書については議会とも相談しながら検討したい」など回答がありました。
 低空飛行について尋ねると「米軍機の低空飛行は最近よく飛んできている。かなり低い。2機並んで飛んでいるし、住民からも不安の声が届いている」などの状況を教えていただきました。 

f:id:heiwakoushin:20200605102004j:plain

松野町で要請
 平和行進ペナント・募金にもご協力いただきました。
 
 

 鬼北町では、兵頭誠亀町長・福原良夫町議会副議長に対応いただきました。実行委員会から主旨説明の後、要請を行いました。

f:id:heiwakoushin:20200605102112j:plain

鬼北町長・町議会副議長と一緒に
 鬼北町長から「低空飛行で私(町長)の家の上を飛んだ」「悔しい。住民も驚いているし、町民から『怖い』という電話もたくさんかかってきた」と低空飛行が頻回起こっている状況について話されました。

f:id:heiwakoushin:20200605102154j:plain

鬼北町長へ要請書を手渡す
 その他、「なぜ日本は核兵器禁止条約を批准しないのだろうか」「農地に太陽光、バイオマス発電が資本投資され行われているが、撤退されたら最終的には自治体が被害を受ける。山地をきちんと守っていきたいと考えている」「県内の町長らと福島県飯館村に行ったが、『人の心が変わった』と言われたことが心に残っている」「広見町出身の木村真三氏にも二度講演してもらった」などのコメントをいただきました。
 
 対応いただいた町長さんらから「ヒバクシャ国際署名」を預かり、鬼北町として平和行進ペナント・募金にもご協力いただきました。

6/3西予市、八幡浜市で要請

各地で低空飛行確認 八幡浜市でヒバクシャ署名受け取る
6月3日(水)
 

f:id:heiwakoushin:20200604095825j:plain

八幡浜市にて副市長・市議会議長と一緒に
 6/3、西予市八幡浜市で要請を行いました。各市町での要請は代表者による少人数・短時間としています。 

 西予市では、総務部長・議会事務局長さんら4人に対応いただきました。
 実行委員会から平和行政の推進など要請の主旨説明を行いました。

f:id:heiwakoushin:20200604100226j:plain

西予市にて要請

 西予市から「活動をずっと続けられていることに敬意を表します」「新型コロナ対応予算が国から下りてきていて話し合っている」「地方自治体として平和な世界をめざすことは市としても訴えていきたい」とあいさつをいただきました。
 回答では「修学旅行は広島・長崎に行っているところ。あり方は教育委員会で検討中。平和学習としてもやっていきたい」「パネルのことでは、隔年で慰霊祭の式典を開催するが、今年慰霊祭開催の年でもあり、どういう形にするかを検討している。修学旅行で学んだことを慰霊祭で発表するなど」「城川町で低空飛行が確認されている。ドクターヘリも飛ぶので万一事故あれば大変である」などの回答・コメントがありました。 

f:id:heiwakoushin:20200604100045j:plain

西予市にて総務部長さんらと一緒に
 平和行進ペナント・募金にもご協力いただきました。
 
 

 八幡浜市では、副市長・石崎久次市議会議長さんら6人が対応。実行委員会から主旨説明の後、要請を行いました。

f:id:heiwakoushin:20200604100405j:plain

八幡浜市にて要請

 八幡浜市では「戦争をしてはいけないという実感をどうリアルに子どもに伝えていくかが大事。次の世代の人にも原爆被害が続いていくことを、子や孫に伝えていければ」「米軍機は、八幡浜でも夜9時、10時、11時と飛んだ」「小学校・中学校は7月末まで授業、8月は休み」「自衛隊の活動(情報提供)は基本的に協力していく」など回答・コメントがありました。
 
 対応いただいた副市長、市議会議長さんから「ヒバクシャ国際署名」をいただき、市として平和行進ペナント・募金にもご協力いただきました。
 

f:id:heiwakoushin:20200604100320j:plain

西予市にて、平和行進参加者で