愛媛を歩こう!国民平和大行進

核兵器のない世界をめざして、一歩でも二歩でもご一緒に歩きましょう!

6/12原水爆禁止四国大会in高知

四国各県のとりくみ報告。情勢と核兵器廃絶の展望学ぶ
6月12日(日
原水爆禁止四国大会in高知

四国各県で会場を構えてwebでつなぐ

 6月12日、「第68回原水爆禁止四国大会in高知」がオンラインで開催され、四国4県43会場から約150人が参加しました。

 

 高知原水協の筒井議長が「ロシアのウクライナ侵略は悲惨を極め、原発の攻撃や核兵器による威嚇など許されない行動が続いている。核軍拡の危険を高める行為を批判し、恐怖による支配を止めていこう。国連を中心に各国の市民の声を大切にし、国際世論を高めていこう」と主催者あいさつ。

愛媛から報告

 各県報告では、愛媛から平和行進のほか「千羽鶴を海外へ送るつどい」「原爆死没者慰霊祭」「不戦のつどい」などの行事を報告しました。

 高知はビキニ被災を次世代に継承する運動「ビキニデー集会」を5月に開き、「フィールドワーク室戸」には若い人を含めのべ329人の参加があったこと、中満泉さん(国連事務次長軍縮担当上級代表)から励ましのメッセージが届いたことなどが報告されました。

講師の川田忠明さん

 記念講演では川田忠明さん(日本原水協全国担当理事)が「ロシアのウクライナ侵略 核兵器廃絶の展望をどうひらくか」と題して、今日の情勢からどのように核兵器廃絶の展望を開いていくかの詳しい解説と提案をされました。「ソ連崩壊前後の歴史」「核使用についてのロシアの無謀と抑制のきかない政権の怖さ」「日本は軍拡に向かうことなく憲法を生かした外交を進めるべき」「日本国民には平和を願う幅広い合意がある」ことなどを話されました。

 閉会あいさつでは、来年担当県の愛媛より永瀬勉さん(県原水協理事長)が、運動の飛躍と実開催への期待をのべて閉会しました。

原水爆禁止四国大会in高知 webで開催

6/12原水爆禁止四国大会in高知のご案内

問われる日本政府の姿勢と運動の展開
6月12日(日
原水爆禁止四国大会in高知 案内

原水爆禁止四国大会in高知
 6月12日、第68回原水爆禁止四国大会in高知がweb方式で開催されます。四国各県ごとに会場を準備して、四国で集まります。参加について、まずは連絡先までご連絡ください。

6/5高知県境で四国コース終結集会

通し行進・山口逸郎さん、4週間の四国コースを完歩
6月5日(日
愛南町を行進。愛媛・高知県境で四国2コース終結集会

愛媛・高知の終結集会参加者全員で
 6月5日、愛南町を高知との県境まで行進し、高知の平和行進団と合流して四国コース終結集会を行いました。

愛南町行進
 愛南町での行進を前に10人が集まり、御荘町内を行進。その後一本松を行進し、県境での集結地点へ。

愛南町行進

 終結集会では、愛媛と高知の参加者があいさつし、四国コースを振り返り。通し行進者の山口さんがあいさつし、香川・愛媛コースのことを振り返りながら、愛媛行進のようすも紹介いただきました。

四国コース2つの先頭幕が集まる

 印象に残っている出来事として「伊予市若い人たち40人近くの伊予診療所の職員さんが一緒に歩いてくれたのが印象に残っている」と話されました。

 

あいさつする山口逸郎さん

 今年のトピックはなんといっても、「全日程通し行進者」の山口逸郎さんのご奮闘です。暑い中の行進、車での長距離移動などものともせず、足腰も頭もお元気で、記憶力も抜群で、自治体要請ではしっかり発言され、宣伝カーの車中でも誰とでも楽しく会話がはずみ、とても90歳とは思えない若々しさです。

 各要請先でも、ご自身の体験や佐々木禎子さんをテーマにした映画「千羽鶴」のこと、全盲の友人星野さんとの「同行二人」などていねいに話し、共感を得ていました。

高知の行進団とグータッチする山口さん

 車中では「平和行進はデモではないから、”平和行進でーす!”と手を振って沿道の人に紹介しよう。○○せよ!○○するな!と叫ぶのではなく、○○しましょう!と優しく語りかけながら歩くといいよ」などと教えていただき、平和行進への愛着を感じました。

 

 四国コースは無事に終了できました。この後、6/12(日)原水爆禁止四国大会in高知を行い、8月の原水爆禁止世界大会へ向かう行進団と四国コースが合流します。

6/3愛南町・宇和島市で要請・行進

「ロシアの蛮行許されない」「日本政府は核禁条約に批准してほしい」
6月3日(金
愛南町宇和島市で要請・行進
 

愛南町要請参加者全員で
 6月3日、愛南町宇和島市で要請、宇和島市では行進も行いました。愛媛での自治体要請は最終日となりました。

 愛南町には6人が参加。愛南町は清水雅文町長に対応いただきました。

愛南町長へ要請書を手渡す
 清水町長へ要請書を手渡し、パンフレットも使って要請内容を説明しました。
 
 まず清水町長とウクライナ情勢が話題になり、ロシアが核兵器使用の可能性を見せて脅していることや原発施設が標的になったことも話題となり、「核兵器をなくす運動をしている私たちとしては決して見過ごせない事態だ」と話し、町長も「全くそのとおりだ」とうなずいていました。

 

愛南町での要請のようす

参加者から「先日、大学の先生の講演を聞いた。昔から、大国はまわりに小国があると、自分のものにしたいという欲望にかられるものだ。世界中でそんな間違いを抑えていかなければいけない。という話で、なるほどと思った」と話すと、清水町長は「弱い者いじめだね。日本人は家族思い、ふるさと思いが強いところがある。ロシアのプーチンはどうかしている。自分だけよかったらいいという感覚。ロシアの蛮行は許されないことだ」。

  別の参加者が「ロシアは特別軍事作戦といっているが、日本も満州へ攻めていった時は戦争と言わず、事変といった。似たようなことが繰り返されている」。他の参加者からも「歴史に学ぶことが大切だ。子どもたちに今のロシア・ウクライナの戦争をどう教えるか、親や先生も悩むところ。絵本や映画やパネル展で過去に学ぶことは効果があるし、山口さんの作られた愛媛にゆかりのある『おこりじぞう』など原爆をテーマにした映画などを教材に、いろいろな機会を設けて学習に取り入れてほしい」と話しました。

 

愛南町からペナント・募金をいただきました

 ペナント・募金にもご協力いただき、町長室で先頭幕を持って「一歩行進」。

愛南町舎から行進

 玄関前でも少しだけ歩みました。

 
 
  宇和島市には3人が参加、宇和島市からは総務企画部長と議会事務局長ほかの3人が対応しました。

宇和島市要請参加者全員で
  要請書を渡して主旨を説明、そのあと参加者と懇談へ。
 

宇和島市での要請のようす
 宇和島市からは「私(総務企画部長)が広島出身でもあり、3年連続平和公園へ行って手を合わせた。山口さんのお話にあった『千羽鶴』の『原爆の子の像』も知っている」「『日本政府の核兵器禁止条約への批准』、これは確かに日本政府にはしていただきたい。しかし批准国はアフリカなど小国が多く、大国や核保有国の批准はほとんどないので、そこらへんからも日本は批准しにくい状況なのだろうか」「自衛官募集の協力では、平成30年豪雨災害で自衛隊にはものすごくお世話になった。吉田病院では水が出なくなり夜通し給水となってどうなることかと思っていたところへ自衛官が来て給水してくれた。法律の範囲内ならできるだけ協力したい」「松山空港の進入管制権は、なぜ松山だけ米軍下なのか不思議だ。オスプレイ飛行のことも含め県から要請もしている。米軍機飛行目撃情報は、令和元年2年ごろに比べて最近は少ないが、県全体としてはまだまだ多いし飛ばない方がいいので今後も注意して見ていく」「原発は、ない方がいいとは思うが、エネルギー事情から慎重な議論が必要と思う」「憲法9条では、父が入院した時、戦後の貧しかったことを思い出すようで、しきりに入院費用の心配をしていた。世界の歴史を見れば戦争のない時期はとても少ない。その少ないところへ生まれて生きてこられたのは幸せなこと。平和を大事にしたい」などコメントがありました。

 議会事務局長からは「『ロシアのウクライナ侵攻に厳重に抗議する決議』を3/9の議会で採択。また有志でウクライナ支援をしている」との話がありました。

 

 参加者から「20歳頃、市立病院の労働組合原水爆禁止の運動を知った。昼休みに署名や募金を集めた。和霊(神社)さんで傷痍軍人が募金をしていて、私たちは原水爆禁止の募金をした。夫も同じくそういうことをしていて、一緒に平和運動にはずっとかかわってきた。今のウクライナをみるとつらいがかつての日本はもっと大変だったと思う。平和が一番」「81歳になり、これまで生きてきた中でも世の中の動きがとても速いと思う。イギリスのエリザベス女王在位70年を祝っているけれど、イギリスが植民地で繁栄したことや大英帝国など、今は全く否定されていること。今常識だと思っていることもいつか覆るかもしれないし、今はとても可能性がないようなことも100年先には世界の常識となるかもしれない。SDGsだって、大きい動きにはならないと思っていたのに急に行政や大企業もみんな動き出した。私たちの要求もいつか必ず叶うと思う」「宇和島は、空襲を語る会などもあり、空襲の被害者の体験を聞く機会が多く持てた。世の中の動きに対して敏感に危機感を持つことが大事だ」と想いを伝えました。

 

宇和島市からペナント・募金をいただきました

 ペナント・募金にもご協力いただきました。宇和島でも要請のあとにみんなで先頭幕を持って「一歩」歩みました。県と20市町、合計21要請先すべてで参加者全員での「室内一歩」を行うことができました。

 

宇和島市で折り鶴を受け取る

 また、参加者から折り鶴を受け取り、宇和島市庁舎前を9人で手を振り「平和行進でーす」と声をあげ、わずかながら行進することができました。

「こんにちは~平和行進でーす」

愛媛実行委員会パンフレットの紹介

資料としても「平和行進」のマストアイテム
2022国民平和大行進愛媛コース
平和行進愛媛実行委員会パンフレット

平和行進パンフレット(表紙)

 今年も平和行進四国コース・愛媛実行委員会としてお手製のパンフレットを発行しています。

 実行委員長あいさつから始まり、◆情勢や◆核兵器禁止条約に署名・批准した国一覧、◆国民平和大行進とは、◆四国コース実施要綱、◆非核平和行政についての要請書・請願書、◆自治体から国へ出された意見書、◆愛媛県から国へ提出した米軍機訓練飛行についての要請書、などコース実施に関わっての基本的な資料を掲載。

愛媛県が国へ提出した要請書

 その他、平和行進で進めてきた◆各自治体から出されている署名・意見書・非核宣言・被爆者数一覧の記録、◆実行委員会で実施した「2021年度平和行政アンケート調査結果」も掲載し、要請・懇談の際に活用できる資料としています。

千羽鶴を海外へ送るつどいの紹介

 また、◆わたしたちの平和運動の記録、◆パネル「ヒロシマナガサキ 原爆と人間」紹介、◆“平和の使者”千羽鶴を海外へ送るつどいについても紹介しています。

核兵器禁止条約の解説

 今年は、新聞などでよく出てくる◆日本国憲法国連憲章国際法核兵器禁止条約などなどについても解説を付けました。

 

 平和行進で使える、参考になる資料として実行委員と事務局長が手掛けた、労作となっています。

6/2松野町・鬼北町で要請

ウクライナへの募金にいち早く取り組んだ」
6月2日(木
松野町・鬼北町で要請・行進
 

松野町のウクライナ国旗とともに
 6月2日、松野町・鬼北町で要請を行いました。
 

松野町要請参加者全員で

 松野町には3人が参加。松野町からは坂本浩町長と議会事務局の2人が対応しました。
 
 坂本町長へ要請書を手渡し、パンフレットも使って要請内容を説明しました。

松野町長へ要請書を手渡す
 松野町長から「ウクライナが核を持っていたら抑止になったかもしれないが、そもそも戦争をなくさないと危険を防げない。独裁者の行動は牽制できない」「ウクライナへの募金箱をいち早く設置し、庁舎にウクライナ国旗も掲げている」などのコメントがありました。
 
 通し行進者の山口さんが「今年の行進は『核兵器禁止条約発効』の喜びとウクライナ侵略の怒りの両面で歩いている」と話しました。

松野町からペナント・募金をいただきました
 ペナント・募金にもご協力いただきました。
 
 
 
 鬼北町には3人が参加、鬼北町からは副町長と議長の2人が対応しました。

鬼北町要請参加者全員で
 要請書を渡し、主旨説明のあと懇談へ。

鬼北町へ要請書を手渡す
 鬼北町からは「通常は修学旅行で広島・長崎へ行っていたがコロナで2年間中止」「米軍機の低空飛行は20時~20時30分が多い。本当に低い。山頂のギリギリを飛んでいるように見える」などのコメントがありました。

鬼北町からペナント・募金をいただきました
 ペナント・募金にもご協力いただきました。
 

役場内の「平和の石」とともに

鬼北町(旧広見町)「平和の石」

6/1西予市・八幡浜市で要請・行進

「山口さんの平和行進への想いに感銘を受けた」
6月1日(水
西予市八幡浜市で要請・行進
 

西予市要請参加者全員で
 6月1日、西予市八幡浜市で要請・行進を行いました。
 
 西予市には9人が参加。西予市からは総務部長・議会事務局など5人が対応しました。
 
 実行委員長が要請書を手渡し、パンフレットを使って今年の要請内容を説明。
 通し行進者の山口さんが「映画人として原爆に関する映画を十数本つくってきた。香川を歩いていた時に核兵器禁止条約の批准国が1カ国増え61となった。一歩でも二歩でも歩いていきたい」などあいさつ。

西予市での要請のようす
 
 西予市からは「(通し行進者の)山口さんに感銘を受けた。平和に重きを置きたい。ウクライナの侵攻は言語道断!改めて平和を認識する」「学校の平和授業についても広島・長崎に学び、平和への認識を深めていく」「原爆パネル展は今年度はやる予定」などのコメントがありました。
 
 参加者から「パネル展は2年に1回の戦没者の慰霊祭の時に一緒に。学校の方でも活用してほしい」「野村の方ではパネルを展示する場所があるので市から貸してほしい」「親子で平和のことに取り組んでいきたい」「喜劇芝居『ひとごろし』を見て命の尊さを学んだ。2人目の孫が産まれて、西予市として政府へ意見書を出してもらいたいと思った」「保育所で40年働いてきた。ウクライナのこと、胸を痛めている。未来を担う子どもたちを育てたい」など、市への要望や平和への想いを伝えました。
 

西予市からペナント・募金をいただきました
 ペナント・募金にもご協力いただきました。要請の最後に要請に参加した全員で山口さんのかけ声にあわせて一歩歩きました。
 

西予市行進
 要請後に、市役所付近を行進しました。
 
 
 八幡浜市には4人が参加、八幡浜市からは副市長、議長など6人が対応しました。 

八幡浜市での要請のようす
 実行委員長が要請書を渡し、パンフレットも使って説明。
 
 通し行進者の山口さんが「65年前、佐々木貞子さんの映画を製作した。今年は核兵器禁止条約発効と批准国が増えている『喜び』とウクライナ侵略への『怒り』の行進として歩いている」などあいさつ。

八幡浜市要請参加者全員で
 八幡浜市から「大変な思いで歩いておられることに感銘を受けた」「伊方原発については、国策なので、なかなか難しい現状。無ければ安全安心というのもあるが、雇用問題もあり、代替エネルギーを望んでいる「他のことについては大体了解している」などのコメントがありました。

八幡浜市からペナント・募金をいただきました
 
 ペナント・募金にもご協力いただきました。要請の最後に要請に参加した全員で山口さんの音頭で一歩歩きました。
 

八幡浜行進の参加者で
  要請後に、市役所から図書館まで行進しました。