愛媛を歩こう!国民平和大行進

核兵器のない世界をめざして、一歩でも二歩でもご一緒に歩きましょう!

5/12松山行進

核廃絶への着実な歩みをこの行進で作ろう
5月12日(日)
松山行進

 5月12日、松山市を平和行進しました。

イメージ 3


 快晴の夏日となった5月12日、石手川河畔の原爆死没者慰霊碑前で松山行進・出発集会が開かれました。

イメージ 4

 愛媛合唱団のうたごえ、黙祷に続き、県実行委員会の和田宰副実行委員長が「ウクライナ紛争についてプーチン大統領が核使用に言及したり、トランプ大統領が小型核の開発を進めたりしている。核保有国の危険な動きを押しとどめ、核廃絶への着実な歩みをこの行進で作ろう。世界の良心の求める願いを実現するため一緒に歩きましょう」とあいさつしました。

イメージ 6

 県原爆被害者の会の松浦秀人事務局長は「被爆から74年たった今も苦しみは続いている。放射線は、がん、白血病だけでなく様々な病気を引き起こしている。被爆者は命のある間に、目の黒いうちに核兵器をなくしたいと切望している。毒ガスや生物兵器の禁止条約も最初は少数の国の署名で始まったが成立した後にはすべての国が条約に拘束されている。核兵器廃絶もこうありたい」と呼びかけました。

イメージ 5

 約100人で石手川から銀天街松山市役所地下駐車場まで、合唱団の明るい歌や県原水協の本藤さんのリズミカルなシュプレヒコール「平和がいいね」「政府は被爆者の声をきけ」などに合わせて声を響かせながら行進しました。

イメージ 2

 地下駐の終結集会では、県国公、民医連、新婦人から決意表明があり、松山原水協事務局長の小路貴之さんが「6/15~16の四国大会(松山開催)や8月の世界大会へ多数参加し成功させよう。核兵器禁止条約に署名をする政府をつくろう。来年はニューヨークでも世界大会が開かれるという動きになっていて、核廃絶へ向けて、いよいよ胸突き八丁にさしかかっている。米朝首脳会談を再開させ、核兵器に頼らなくてもいいと確信できる世の中をつくろう」と閉会あいさつしました。

イメージ 1

 行進後、コープえひめから冷たいジュースが配られました。