愛媛を歩こう!国民平和大行進

核兵器のない世界をめざして、一歩でも二歩でもご一緒に歩きましょう!

8/9千羽鶴を海外へ送るつどい

世界31カ国86団体へ累計448万8千羽を海外へ
8月9日(木)
千羽鶴を海外へ送るつどい


 8月9日、『平和の使者千羽鶴を海外へ送るつどい』が松山市で開催され20人が参加しました。

 県原爆被害者の会の久保さん(故人)がよびかけてはじまり、平和行進県実行委員会が主催する、今年で28年目になる運動です。

イメージ 1


 自治労連やコープえひめなどから寄せられた約20万羽の折鶴に手紙を入れて箱詰めし、3ヵ国の3団体=フィリピン「平和女性パートナーズ」、イギリス「ヨークシャー核軍縮運動」、アメリカ「首都圏ヒロシマナガサキ平和委員会」に送りました。これまでに世界31ヵ国86団体へ累計4488千羽になりました。

 つどいでは、広島で被爆された藤村敏夫さん(87)の体験談を聞きました。

イメージ 2

 「広島駅の第一機関区で働いていたところ突然の閃光と爆風と熱風。吹き飛ばされて倒れ、外を見たら家が一軒残らず倒壊しあちこちから『助けてくれ』『足がはさまれた』と悲鳴が上がっていた」ことなど、73年前に目にした光景を話され、「戦争だけはいかん」と強く話されました。

 その後、コープえひめから『ピースアクションリレー』『ピースセミナー』の実施、新婦人から『被爆体験記を声に出して読み合わせる会』の開催など平和活動報告がありました。長崎原爆投下時刻112分には、梱包発送作業の手を止め「黙祷」しました。